切迫している場面でも冷静な行動を!大規模災害の備えをしよう

過去に大震災が起きた時に死亡してしまった被災者の死因で相当数が家事や家財道具が倒れたための圧死と言われています。いいかげんに据え付けてあっただけの家財道具が倒れることで、大けがしたり亡くなったりする可能性をなくすには、はたしてなにを準備すれば有効なのか確認しましょう。圧し潰される以外にも、家財類転倒が原因で脱出経路を失って、外に離脱出来なくなるという難題も発生します。家財道具が倒れない様な留め具が沢山ありますので、さっそく購入し壁等に据えつけましょう。非常時に新品の防災対策用品を利用する事が良いとは限りません。却って常日頃から研究し、実践して使い勝手に親しんでおく事で、非常時にも焦らずに済む筈です。用意があれば案ずる事はありません。防災用品のみではなく経験も平時から持っておきましょう。